ueck-log

生きるという事は死ぬまでにこの世に生を受けた事の意味を探す旅

a day mac Music 音響さん

音響さんのポン出しならableton Liveで始めよう

2017/09/14

かなり古い記事ですので、最近流行りそうな気配があるQLabについて書いてみました。こちらを参照してください。ableton Liveに関してはすでに定番というか、音響さんの叩き出しは当たり前になりましたが、止まってしまうような事もたまにあるということから、違ったものを探し始めた人もいるようです。

 

もう少ししたらbitwigも出るという情報もありますが、まずは安定のableton Liveからの音出しに音響さんは移行すべきだと思っています。いや、もうすでに皆さんLiveでやってるんですけど、たまにまだCDで出したりProToolsで出したりしている人がいたり、TASCAMのSS-CDR1でCF使ったりとかDENONのFRシリーズでSDカードで再生したりとか。わかります。専用ハードウェアの安定ってあるんですよね。やっぱり専用機だろっての。

でももうCDで再生はやめましょうよ。物理的なNGや音飛び、素人作成の読み込めないCD-R(MP3ディスクだなんてことも)今までたくさん泣かされてきたじゃないですか。むしろCDで音出ししてる姿をみると心配になります。大丈夫??って。CFやSDメディアを使用した音出しは物理的なトラブルは減ったものの、再生方法でのミスがたまにあります。TASCAMのSSシリーズのリモートはボタンがたくさん並びます。ボタンにバミりを入れたとしても叩き間違える事はあるものです。ヒューマンエラーだけはやはりどうしても起きてしまうもので、なかなか防ぐ事は難しい。

 そこでおすすめするのがableton Liveです。

利点はいくつかありますが
使用しているパソコンにインストールすればよいので、場合に寄ってはデッキを買うよりも安上がり
パソコンが当然あるという事は音源の編集も現場で可能になる。
音源をファイルで管理できるので、当日もらったCDが再生できないという不安が少なくなる
とにかく一つのボタンを押していけばどんどん音出しが出来るような使い方が出来るのでミスが減る

session-osx 難しく考える事はありません。取り込んだ音源を順番に並べて行くだけです。フェーダー1本が再生デッキ1台分と考えればたくさんのデッキを買う必要性はありません。またマルチトラック再生も可能になりますので、クチパクアーティストの対応も可能になりますし、シーケンスを使用するバンドの対応にも向いていると言えます。そこまでしなくとも普通はマニピュレーターさんがやるので、普通のPAさんが行う仕事の規模で言えば、だいたいステレオ4トラックもあればたいていの仕事はこなせるはずです。

必要なもの

ソフトウェア本体
Mac
オーディオインターフェイス

最低限これだけあればなんとかなります。Mac本体のキーボードでコントロールすれば本番は出来ますし、YAMAHAの音響卓のMIDI OUTを利用してUSER DIFINEキーからのコントロールとMIDI対応のオーディオインターフェイスを導入すれば良いのです。ちょっと欲を出すならば、USB-MIDIのコントローラーやMIDIキーボードを使用してのコントロールがおすすめです。USB接続のテンキーでコントロールする方もいらっしゃいますが、Macのアプリケーション選択が別のものになっていた場合、テンキーはコントローラーにならず、テンキーになってしまいます。また安全策をとるならばバックアップとしてもう一台のMacがあると完璧です。インストールに関しては1つのシリアルで2台まで認められているという話を聞いた事があります。バックアップを考慮してとの事ですので、オーディオインターフェイスを買わなくともMacのステレオミニ出力から音を出してしまえば良いし、USB-MIDIコントローラーがあれば2台の同期コントロールもLANを使って簡単に行う事が出来ます。ちょっとした裏技ですね。

オーディオインターフェイスに関してはいろいろと悩ましいところですが、出力数が多いものを選びます。Liveの中のフェーダーをMIDIコントローラーで操り、最終的にはLiveの中でサブ卓として2mixをつくるというやり方もあるのですが、個人的にはそのやり方はあまり好みではなく、いくつかの2mixを出力するという考え方がベストだと思います。やるとしてもLiveをいくつかのBUSでまとめるという考え方ですね。Live上でフェーダー操作をする事はコントローラーのフェーダーが操作しにくいものが多い事と、万が一コントロールが出来なくなった場合、どうにもならなという心配からです。コントローラーが死んでも音は出る状況は欲しいと思うのがPAさんではないでしょうか。

さてもう少し細かい話はまた次回。
 

サウンドハウスさんでのお買い物はこちら

Ableton Live9focuslite 6i6nanoKONTROL2




-a day, mac, Music, 音響さん
-, , , , , , , , , , , , ,