生きるという事は死ぬまでにこの世に生を受けた事の意味を探す旅

ueck-log

子供服といえば「devirock(デビロック)」!オシャレな最旬トレンドアイテムやベーシックアイテムが699円~!

a day baby

出産までの記録

投稿日:

1/20 17:26

妻からTEL

痛みが強くなり、間隔が狭くなってるので、病院に向かう

18:19

お義母さんからTEL

早ければ今夜中にも産まれるかもしれないので、入院になるとのこと

病院に入院

会社から電車で直ちに向かう

20:30病院到着

すでに陣痛を、くりかえす

実家の愛犬が心配なので、お義父さん達は一旦帰宅

妻は夜通し陣痛との闘い

産道はだいたい3-4cmくらい

とにかく苦しむ。さすり続けてもちっとも楽にならない様子

さすってもそれが邪魔なときもある

1/21

5:00 お義母さん達戻る

9:00助産師さん交代、陣痛時の呼吸の仕方を訂正される

痛みが来たら目を開き、リラックスして深呼吸、手に力を入れない

出産に備えて痛みのない時は目を閉じて休む

体力を備え、糖分のある飲み物をとる

9:39 回診で先生達が来た途端に破水する。タイミングわかってるというか、なんというか

そのまましばらく落ち着いた呼吸で流す

陣痛は強くなっている様子だが、産道は開かない

とにかく苦しそう。何もしてあげられないのが辛い

11:30

医師より、促進剤を13時から使用すると説明あり

破水が先行などが理由

書類にサインする

12:00

助産師さんに、陣痛が強まっているようなので、診察してもらう

しかし朝方と変化は無し

昼食は出たが、医師より経過観察したいとのことで、取り下げた

14:00

分娩室へ

産道も少し開いたかも

促進剤使用せず

陣痛が強くなったようで、分娩室が慌ただしくなる

明らかに様子がおかしくドタバタする

麻酔科を呼べという叫び声

14:20頃、やっと説明あり

産道が5cm以上開かない為、吸引も試したけど失敗

吸引は2回までしか出来ない

危険な状態なので、帝王切開へ切り替えたいとのこと

産道からの出産は不可能

破水していたので、子宮の収縮の際に締め付けられ、

赤ちゃんの心拍が極限まで低下、停止も見られ危険な状態

了承し、緊急手術

妻は意識が混沌としている

母体も心配な状態

14:50 デイルームで待機していると呼ばれる

14:37誕生とのこと

念のためNICUへ搬送するところである

全身麻酔の妻はまだもどらず

現在15:35

17:00

妻もどる

全身麻酔の為、意識回復まで時間かかる

目は開けない、返事は頷ける程度。全身麻酔の為、記憶もおそらく曖昧

NICUに呼ばれる

今回の説明を受ける

陣痛は強まって、分娩室で出産にかかったが、

産道が開ききらなかった事、赤ちゃんの頭が標準よりも大きかった事

へその緒も一周、赤ちゃんの周りを回っており、

危険性もあった。破水が先行した為、羊水も少なく、

子宮の収縮の際に締め付けられ、心拍停止などもあったので、

緊急手術で帝王切開へ切り替えた

全身麻酔の為、赤ちゃんにも麻酔が流れた為、

取り上げた際の仮死状態からの復帰に時間かかった

面会は両親のみ、家族は窓越し

やっと面会するが、まだ挿管が数本、身体も拭いていないまま

二重まぶた、声に反応する

フラッシュ写真に大きく驚く

助産婦さんに相談し、今夜は病室に泊まり込むことに。

簡易ベッドがビッックリするくらい簡易で、ほぼタンカ。

181cmのオレはおさまりません。

妻は遅い時間になり、意識がもどる。しかしほとんど寝ていないため、

睡眠を優先させる。

思い出しながら様々なことを話しているうちに

本当に出産は命がけであることを痛感。

手術室に向かう妻が混沌としていたこと、そして

無事に生還してくれたことを想い、

涙が止まらなかった。

夜中に除算資産が点滴の交換などに訪れる。

1/22

6:00起床時間。当然起きられない。

助産婦さんがいろいろやってくれている。

妻は通常分娩の予定だったため、産道も切開し、

さらに帝王切開に切り替えたため、全身麻酔になった。

普通の人よりもよけいに苦しみ、そして施術も行ったことにより、

身体への負担が大きかった。

ひたすら何本もの点滴

点滴や座薬による痛み止め

1/23

容態はそこまで回復していないが、

がんばって赤ちゃんに会いにいこうと決意

涙が止まらない。

なんとか歩けることを認めてもらい、

NICU

車いすで念願の対面。

娘はひたすら寝ていた。

僕らは名前を娘に告げた







DJI

-a day, baby

Copyright© ueck-log , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。