生きるという事は死ぬまでにこの世に生を受けた事の意味を探す旅

ueck-log

子供服といえば「devirock(デビロック)」!オシャレな最旬トレンドアイテムやベーシックアイテムが699円~!

a day mac Music 音響さん

apple music を 10日使用しての感想

更新日:

Apple Music 三ヶ月間無料体験ということで、ご利用になってる方々たくさんいるかと思います。私も正直待ってましたということで利用しています。1ユーザーではなく、ファミリーで一応設定してみてはいるのですけども。まだまだ期間はあるので悩んでも良いのかなとは考えているところです。

音楽好きが Apple Music に出会った

そもそも音楽の定額制というものに関してはLINE MUSICやAWAとよく比較されていますが、他にもあるわけですよね。そこを比較したわけではないし、比較はほかのサイトで熱心にされているので、色々試されるのがいいと思います。自分が音楽の定額制というものが頭に入ったのはLINEさんの記者会見の時でした。あの場で記者会見の内容を聞いてワクワクしてましたし、そこから海外には実はすでにそういうサービスが有るということも知りました。

音楽好きから音楽に関わる仕事がしたいと思った故に今の仕事に就いている自分にとって、金額を気にすること無く音楽が聴けるということはなんて夢の様な話だろうと直感的に感じたのと、著作権者への支払いはどうなるのだろうということばかり考えていました。またその当時は音楽が衰退しつつあるような空気もあって。これなら音楽がまた盛り上がるのではないかということも考えていました。なんて単純なんでしょう。

apple music を実際に使ってみて

便利です。この一言に尽きるのかもしれません。注意事項は Apple Music から自分のライブラリに追加しても保護されているので、iTunesやQuicktimeでしか聞く事が出来ません。iMovieのBGMで使いたい!という使い方は出来ませんでした。つまり聞く専用。MacやiPhoneで聞く事だけが出来ます。つまりは自分好みのラジオが作れるというような感じかもしれません。通信環境によるところもありますし。恐ろしいのは通信料ですが、Wi-Fi環境でしか使用してません。とにかくFor you機能でお勧めされる音楽を聞くのです。もちろん自分で検索して聞くことも出来ますが、やはりApple musicの使い方としては未知との遭遇だろうと、聞いたことがないアーティストやアルバムとの出会いを楽しむわけです。意外とこのプレイリストが良く出来てたりしますよね。仕事で考えたらとりあえずiTunesからBGM流しとくかみたいな事考えちゃいますよね。

ところが

10日使用して 正直なんだかもやもやしたものが積み重なっていくのがわかります。それは自分の音楽に向き合う姿勢でした。自分はすっかりおっさんなので、CD文化どまんなかで育ってきたわけですが、音楽を聞くという行為にはかならずCDという媒体があり、CDをセットして聞くわけです。全裸で正座して聞くわけではないにしても。CDを手に入れて、今ならiTunesに取り込んで。そこにはCDというメディアが必ずありました。モノとして。それがなくなったのはiTunes Storeだって同じなんですけど、自分から音楽を探して探して時にはジャケットのデザインが気に入っただけとか好きなアーティストが聞いていたからとか、iTunes Storeだったらこちらもお勧めとかされたり、類似するアーティストとか表示されてて、でも自分でそれを視聴してぽちっとするまでは自分の物じゃないんですよね。自分が探して選んだアーティストではなくても、自分のライブラリに入り込んでくるわけです。それがモヤモヤでした。

音楽好きだからこそ

たくさんの音楽に出会えることは嬉しい。たくさんの音楽を安く聴けることはありがたい。これからどんどん楽曲が増えるかもしれない。どんどん満たされて行くかもしれない。そして日常の生活のなかが音楽で満たされていく。するとふと違和感を感じるのです。音楽があることが当たり前になっていて、音楽があふれているということが本当に満たされているのだろうかと。

まるで音楽が蛇口をひねると流れ出る水道水のようになってしまっている気がしてなりません。

音楽への有り難みが急になくなってしまったのです。それまで聞けなかった音楽や、CD買うまでじゃないかもなと思ってた楽曲が、なんの迷いもなく簡単に自分のライブラリに入り込んでくることの恐ろしさ。なんだか音楽が大事に扱われて無い気がする。自分自身音楽の価値が下がってしまっている気がする。音楽は空気では無いはずだ。そんなことを考えてしまいました。

個人的には Apple Music が盛り上がって著作権者に正しく還元されることを望みます。

でも何よりもAppleに臨みたいのはハイレゾの推進。iTunesがハイレゾ音源をあつかうようになったら。そう考えると経済的に厳しくなりそうで恐ろしい。iPhoneがハイレゾ再生に完全対応したら。Bluetoothでハイレゾ音源が再生出来るようになったら。

 










-a day, mac, Music, 音響さん
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ueck-log , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。