ueck-log

生きるという事は死ぬまでにこの世に生を受けた事の意味を探す旅

a day baby

市川市 幼稚園 補助金

市川市には公立の幼稚園が少ないのです。その数7。

http://www.city.ichikawa.lg.jp/edu03/1111000001.html

ZH_15_28

 

市川市 の 幼稚園 の 補助金 って

市川市は子育てにやさしい行政を目指しているようですが、公立の幼稚園が少なすぎてとてもじゃないけど難しい。自分が住んでいる地域なんて、公立幼稚園の範囲外であるため、私立幼稚園しか選択肢がないんですよね。

そうなると気になるのは幼稚園の費用。毎月3-4万円程度かかります。バス通園や給食や絵本とか細々とした経費もありますんで。市立幼稚園は毎月1万円で済むんですよ。

それで市川市から私立幼稚園に通うにあたり、補助金がいくらかでるのですが、大した金額では無いんですよね。年収次第でもあるとは思うのですが、自分のところは9万円程度でした。9万円を12ヶ月で割っても1万円に満たない金額しか補助金が出ません。そして、その補助金が支給されるのは12月なのです。毎月数千円出るのではなく、4月や5月に出るのでもなく。6月くらいに幼稚園から補助金のための書類が渡され、12月に支給されるのですが、その金額がどのくらいなのかは12月にならないとわからないという。だから本来は毎月1万円程度で済むくらいの補助金が必要なんですけど、そこまで出してくれる自治体なんてないんでしょう?

現実は厳しい

現状幼稚園という選択をした家庭って、共働きではないところが多いと思うんですよ。なかなか幼稚園で共働きって難しいですからね。9時に登園して14時には降園しますからね。バス通園だったらバス便の時間によって生活が変わってきます。1便で8:00-8:30くらいに乗って、降園が14:00-14:30ってところじゃないでしょうか。そうなるとママが働けるところってあまりないんですよ。世の中パート募集の張り紙はよく見るんですけど、募集してる側との時間の折り合いが全くつかない。

時間は9-15時だったり、10-15時だったり。水曜日も出てこれる人って書いてあるけど、水曜日は幼稚園が早く終わるんですよ。それから夏休みや冬休みをどうするか。幼稚園だって休みがあります。その期間、働くことが出来ないわけですよね。それじゃ採用できませんとか、働く方だって協力してくれなきゃ採用できませんよなんていうところもあります。

そんなところはいつまでも人材が採用できないだろうよ。女性の雇用を増やしてとかいってる政治家さんにはわかるまい。保育園はやっぱり足りない。ずっと保育園に申し込みして待ってたけど、結局枠はあかなかった。そうなると幼稚園で保育園ぐらいの時間預かってもらうしかない。そんなの幼稚園に出来るわけがない。人材も足りない。労働時間は結構過酷である。いろんな準備をしている。預かり保育をある程度している幼稚園もあるけれど、預けるにはいくらか費用が発生する。幼稚園代を稼ぐために預けるのに費用がかかる。

本気で子育てしやすい世の中にする気があるのなら、幼稚園の費用をとにかく補助すべきだと思う。医療費の補助だけではなく、幼稚園に行くのにお金はかかるし、幼稚園の運営もすごくたいへんなのだ。個人的には保育園よりも幼稚園のほうが教育的に子供に良かったとつくづく思っている。小学校で小1の子供の落ち着きが保育園出身と幼稚園出身で大きく違うのだそうだ。確かに4際になる娘はひらがなの勉強が楽しくてしょうがないらしい。選んだ幼稚園も良かったのだと思う。

実際幼稚園には3歳になる年にはプレ保育として幼稚園に慣れさせ、4際になる年にはもう年少として入園する。2際の誕生日を迎えてやっとこさ子育てに慣れてきたってのにもう幼稚園のことを考えなきゃならないなんて思わなかったし、市川市からなんのお知らせはなかったから、あやうくプレ保育の申し込みに間に合わないところだったのだ。

結局のところ、景気がどうのこうのとかえらそうなことを政治家はいうけれど、これじゃぁ子育てしにくいことはかわらないってのが現実。選挙にかかる700億円を子育て世代に分け与えたらみんな喜びますよ。




-a day, baby
-, , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。