生きるという事は死ぬまでにこの世に生を受けた事の意味を探す旅

ueck-log

子供服といえば「devirock(デビロック)」!オシャレな最旬トレンドアイテムやベーシックアイテムが699円~!

a day mac Photo

iPhotoがおかしくなった時のメモ

更新日:

非常に困ったのでメモ。

巷で話題になっていた、Dropboxの容量を一気に増やす裏技 敵な物を試してみようと遅ればせながら思ったんです。オンラインストレージというか、ファイルの受け渡しの際に無いと困る事があるもんですから。そのDropboxの裏技は、SDカードに500MBぐらいのファイルをDCIMフォルダに入れて、ダミーのjpgファイルを読み込ませる、そして写真等の取り込み先をDropboxにしてDropboxへ取り込む事により、容量が増えるというもの。文章だけじゃ伝わりにくいでしょうから、やってみようと思ったらググって下さい。

んでそんな事をしてみたんですけども、なんだかうまくいかない。手元にあった私物のSDカードも2GBのものしかなかったもんですから、ちまちまと500MBずつやろうかと思ってたんですけどね。何度やってもうまくいかないのであきらめようかなと思ったんですが、ふと、Dropboxが写真の取り込みの際に使用する設定をしていたのが気になって、iPhotoの方の設定を確認しようと思ったんです。

起動しない。 いや、厳密には起動するけどライブラリを表示してくれない。さぁ困った。データはタイムマシン機能でバックアップとっているとはいえ、絶対という保証は無い。アプリ削除して再インストールか?いやそもそもiPhotoライブラリデータは大丈夫なのか、、、全く解りません。このiPhotoには家族の思い出が詰まってます。娘が挙式するときに「ねぇねぇアタシの小さい頃のデータが欲しいんだけど」」「よぉーしパパがとっておきの写真を選りすぐっちゃうぞーー」とかやり取りしたいんです。

いや、その頃には直接会話という手段はなくてチャットとかいやもうそういう次元じゃなくてとかその頃まで自分生きてるのかとかなんかいろんな妄想が一瞬で駆け巡りました。

さて、iPhotoの銚子が悪い、再インストールというのも考えましたが、23,000枚も写真があるので少々おっかない。そのうち娘の写真は約4,000枚。それと自分たちの挙式の写真とかそれからってとにかく多数の写真を死守したい。左側のサイドバーが表示される物の、iPhotoのイベント等が表示されないのでまずはアプリがどうなのかを知りたく、iPhotoの起動を「option」ボタンを押しながら起動させます。これで現在自分が利用しているライブラリ以外にも、その他のライブラリを作成する事や選択する事が出来ますので、仕事用とプライベートで使い分けたいという方にはおすすめのやり方です。ちなみに今回の件ではライブラリを新規作成しても起動しなかったので、dropboxがオイタしてるのかな?と判断。dropboxのフォルダを一旦ゴミ箱に入れて削除しないでいると、dropboxからフォルダが見当たらない云々のメッセージが。[終了]をクリックし、アプリを一旦終了。dropboxを最新のベータ版から最新の正式版へインスコしなおし。Macを再起動。起動時にdropboxアプリ起動するかと聞いてくるので今回は起動させず、iPhotoに一目散。無事に新しいライブラリで起動しました。

これだけでは解決しません。dropboxも利用するので起動させて、iPhotoをまた起動してみると、サムネールがおかしくなってるじゃありませんか。これはピンチ。サムネール解らないのに闇雲に写真整理なんて出来ません。目隠しで麻雀やってるようなもんですよ。そこで今度はiPhotoの起動時に「command」と「option」を同時に押しながら起動。そうするとこのような画面が現れます。

これです。何ともすがりたくなる内容。いやどうせなら普段からこれがいじれるようにしてほしいのですが、まぁこんなのがいじれちゃうと時間かかってしまう事もあるだろうという配慮ですかね。というわけでこれから写真のサムネールすべてを再構築というのをやってみようと思います。他のはあまり効果が見られなかったので。。。。

 

追記:結局の所サムネールの復活はせず、タイムマシン機能からの復元もしてみましたがダメでした。何が行けないのかさっぱり解らなくなってしまい、,写真をとにかく救い出したいと思い最終手段に出ました。「iPhoto Library」を右クリックして「パッケージの中身を展開」すると、ライブラリーの中身を見ることが出来ます。アプリケーションなんかの中身を見るのと同じです。この中にある「Masters」というフォルダを吸い出しました。この中に写真のもととなるデータがあるので。iPhoto上で編集した状態(調整等)はあきらめれば写真だけでも救えます。後はiPhotoをoptionボタン押しながら起動して新規ライブラリに救出した写真を入れ込むようにします。優先順位を考えればとにかく写真が最優先。作成したフォトブックのレイアウトとかは消えてしまいますけど、まぁしかたありません。







DJI

-a day, mac, Photo
-, , , , , , ,

Copyright© ueck-log , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。