生きるという事は死ぬまでにこの世に生を受けた事の意味を探す旅

ueck-log

子供服といえば「devirock(デビロック)」!オシャレな最旬トレンドアイテムやベーシックアイテムが699円~!

a day mac wordpress

iLife’11を入れた

投稿日:

おおむね良好。

ガレバンの音源追加は嬉しい。値段の割にこの機能。正直仕事で使えるレベル。

ちょっとした音源の編集なら、ProToolsが無くてもなんとかなる。

iPhotoは更にサクサクになったような気がする。これもまた、一眼初心者としては

iPhotoさえあれば、ちょっとしたRAW現像なんかも出来て、有り難い。

画像の補正なんかもiPhotoで済んでしまう。Photoshopも持ってはいるけど、正直コレでいい。

読み込み、補正、管理、以上。

ただ、こういう使い方は自分だけなのかもしれないのだが、

iPhotoからメール送信でのBlogへのUPに関してちょいと困った。

標準で装飾が付いてしまうのだ。これは不要だ。

友人に写真を一枚紹介ってんなら非常にイイ機能なのだが、

メール送信で写真ログ更新なんて事してたら、余計な装飾。

それとアドレス。今まで愛用していたmac.comアカウントではなく、me.comとして認識された

メールソフトの方はmac.comにしてたので、blog側に誰だお前とはじかれたw

とはいうものの、”メール”を起ち上げる事無く、iPhotoからメール送信が出来る事は

完結で簡単で喜ばしく歓迎すべき事である。

(なんだこの言い回し)

iMovieは実は使用していないので全くもって恩恵がない。

なれないのだ、あのタイムライン形式に。。

んで、思いっきり批判したいのが、iWebの更新が無い事。

誰でも気軽にWEBページを作成出来るツールなだけに、BiNDのようにカートリッジの追加的な物は欲しい。

いわゆるテーマ機能である。こればかりは自分でどうにか出来るレベルではない人が使用するソフトだから

Apple側が定期的にテーマを追加する必要性があると思うし、今回のアップデート販売では

含まれているべきだと思う。これはダメだと思う。ワードプレスなら好きなテーマを好きなように出来るけども、

やはりデザインやその他のiLifeアプリケーションとの連携度はどう考えてもiWebがダントツである。

なのでAppleさまには大至急iWebのテーマの追加を、ソフトウェアアップデートでお願いしたい

出来ればWordPressのiBlogのように、Appleホームページのようなデザインなんかが欲しいw










-a day, mac, wordpress
-, , , , , , ,

Copyright© ueck-log , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。