生きるという事は死ぬまでにこの世に生を受けた事の意味を探す旅

ueck-log

子供服といえば「devirock(デビロック)」!オシャレな最旬トレンドアイテムやベーシックアイテムが699円~!

未分類

オフ

投稿日:

久々のオフです。
ここのところだいたい10日にいっぺんのペースで
休んでます。
休日とは、0時~24時の間に仕事をしないこと。
んー
たまに該当しないことがよく有ります。
自分の体が確実に衰えているというか、
かなりくたばっているせいもあり、
正直かなり不安になります。
ある日突然、ぽっくり死んでしまうのではないかと。
過労死ってやつです。
確実に体が不調なのがよくわかります。
風邪とか、はっきりしたものはここ最近ありましたが、
それでもなんだか解らない不調ってのがずっとあって。
たぶんそれが過労なのではないかと。
だから仕事もあまり乗り気がしなくなって行くのです。
30さいになっていろいろと考えてしまいます。
仕事のこともそうですが、身の回りのことも含めて。
どれだけ生きていられるか、正直わかりません
そういった死への恐怖感のようなものが
ますます現実味を帯びてきました。
若い頃、というかガキのころはホントに死ぬことを恐れず、
ただただがむしゃらに突っ走って
それこそ物事に対して第三者的な視線でとらえたり、
感情の欠落しているような部分がたくさんありました
それが18のころにとあるきっかけでかわっていったもんで
それが自分のいまの仕事にもつながっているんですが
それでもその仕事に首を締められているのかと思うと
なんだかわけがわからなくなります。
べつに鬱な状態じゃないんですけど、
なんだか常に感じる疲労感を
どうにかして取り除きたい
そんな気分です。
それ鬱じゃんっていわれるかもしれませんが
精神的な物よりも、身体的な物が先行して、
それが精神に影響を与えている感じです。
だからあとどのくらい生きられるのか
それが不安でたまりません










-未分類

Copyright© ueck-log , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。